ケセラセラ~グリオーマ闘病記

30代の夫がグリオーマG4と宣告されました。

退院翌日 初めての外来診察

無事サイバーナイフが終了し、退院した翌日に元いた病院の外来診察があった。

 

この日は私が仕事だったため、父と子どもたちで付き添っていったんだけど

初めての外来だったから勝手が分からず、大変だったよう。

診察券やお金も忘れバッタバタだったそうで、診察もかなり待たされ帰ってきたときにはみんなグッタリだった。

見た目元気だから、問題なく診察も行って帰って来られると思ったけど、やっぱり忘れっぽくなってたり、段取りを上手く組めなかったりするようだった。

(これ以降診察は必ず付き添うようにしている。)

 

診察は前もって主治医に聞くこと箇条書きにして持たせていた。

日常生活でやっていいことダメなこと色々聞いた。

NGだったのは車の運転、一人で辺鄙な場所に出かけること(万が一倒れた時に危ないから)。

それ以外は何をやっても大丈夫。リハビリの成績も満点を出すくらいだから、仕事も夫のやる気次第で主治医的には問題ないんじゃないかと言う見解。

 

これからは再発までの時間をいかに引き延ばすかの治療。

再発してしまったら、その時できることをやっていく。

とりあえず今が一番体の自由がきいて、好きなことをたくさんやった方がいい時なんだろう。できるうちに何でもやっておこうと迷っていた夏休みの旅行に行くことに決めた。